学生段階でインターンシップ

ただ実際に作ることに実務の部分で関わった人と関わっていない人では卒業した時点で大きなスキルの差がついているのは明白です。はじめは隠された能力を見てもらうというのでもいいとおもいます。

 

大学生という若く、物覚えが好いその時期を単なる時給をもらうためだけに使うのはすこしもったいないようなかんじがします。IT企業でのインターンシップでその頑張りが認められて、正社員としてベンチャー企業就職や新卒採用されるような大学生もいます。

 

中長期的に見たときに、将来求められるようなスキルを大学生のころに身につけておく。市場が拡大するIT業界・情報産業において、今後よりニーズが高まる、作る身にスキルをつける経験を出来るという点でインターンシップは非常に大きな価値があるのではないでしょうか?社会とはなかなか世知辛いもので、社会に出て、歳を重ねるとその時点での実績や経験を見られるようになります。

 

対価を得つつ、能力を磨く。インターンシップ内々定を先でいただいておけば、この不況下で安心して、焦る事なく就職活動にも専念できるというメリットもあります。

 

それは優秀であるか否かの違いというより、インターンシップの経験の差です。ただ大学生である事を甘えにするべきではナッシングですが、ヤングエージ大学生であるという事は、インターンシップにより潜在能力を見てもらえる部分がでっかくあります。